法律の専門家に相談すると色々とサポートしてくれる

気をつけよう

一人で示談に応じるのは待ってください

交通事故を何度も経験される方は少ないでしょう。初めてのことで、どうしていいかわからずに、保険会社の言うまま示談に持ち込まれたと言う方も少なくありません。交通事故によって怪我をし治療したけれども、完治せず残ってしまった症状を後遺症と呼びます。この後遺症の中でも一定の条件を満たしたものが後遺障害として認定され、損害賠償請求できます。交通事故は怪我が治癒しても、見た目ではわかりにくい痛みなどが残ることが多いのも特徴です。後遺障害による損害賠償請求を行う際に金額の基準となるものが認定等級です。この等級が非常に重要です。保険会社任せにせずに、弁護士などの法律の専門家に対応してもらうことが大切です。交通事故の後遺障害関係を専門とする法律事務所に相談してください。たくさんの事例やノウハウがあります。

専門家を通すと保険会社の対応が変わる

任意保険にも加入しているので、保険会社がうまく話を進めてくれるだろうと思われるかもしれません。医師の診断書もあるので大丈夫と思われるかもしれません。しかし書面の文言一つで後遺障害の等級がかわることもあります。こういったことは、事例をたくさん積み重ねた事務所でないとわからないでしょう。又、保険会社サイドからすれば、保険金を低く抑えたいと考えるものです。そのため本来もらえるべき金額より低く提示されることがあります。しかし弁護士が介入すると、保険会社も訴訟を避けるために正当な金額を提示してきます。弁護士を通したら2等級も上がったなどの話はよくあるようです。費用面も安心のシステムです。初回の相談は無料で着手金も必要ないところが多いようです。解決した場合に成功報酬として保険金の一部から支払うことになります。

知ること

車やバイクなどを運転する場合には、保険に加入することが当たり前です。また被害者になった場合には保険料を支払ってもらうことができ、後遺障害だと判断されれば更に保険料を請求できるのです。

決めること

夫婦の喧嘩は当たり前ではありますが、それが積み重なると離婚してしまうこともあります。その場合には様々な財産をめぐり争うこともあるので、離婚専門弁護士を利用してトラブルを解決しましょう。

サービスについて

税理士事務所は一般企業で働く人の強い味方なのですが、それだけではありません。最近は様々なサービスを税理士事務所が展開しているので、ビジネスマンだけでなく多くの人が税理士事務所を利用できるのです。